美術 女性 エンターテイメント スタイル 贅沢 トラベル

アールヌーボー: コンセプトと主要なアイデア

アールヌーボー: コンセプトと主要なアイデア

アール ヌーボーは、19 世紀後半から 20 世紀初頭にヨーロッパと米国で栄えた、包括的な装飾芸術スタイルと言えます。しかし、その重要なアイデアやコンセプトは何でしょうか?さらに詳しく知りたい場合は、読み続けてください。

建築、美術、装飾芸術などのさまざまな芸術分野を含む「アール ヌーボー」は「新しい芸術」と訳され、1884 年にベルギーで誕生しました。ただし、この運動は国によって異なる名前で知られていました。ドイツではユーゲントシュティール、ウィーン分離派はウィーン分離派でした。オーストリア、スコットランドのグラスゴー スタイル、イタリアのアルテ ヌオーヴァまたはスタイル リバティ、フランスのベル エポック。それにもかかわらず、アール ヌーボーはその核心において、さまざまな芸術形式や分野を統合し、団結した運動を促進しようとしました。このスタイルの背後にあるアーティストは、有機的で自然な形状から動機を引き出すことで、アートとデザインを現代化することを目的としていました。その結果、彼らの作品は、曲がりくねった非対称の角度とラインを備えたエレガントなデザインを披露しました。

しかし、最初から始めましょう。アール・ヌーヴォーの誕生は、この用語がベルギーの美術雑誌「L'Art Moderne」に初めて登場した 1884 年に遡ります。この表現は、さまざまな芸術形式の統合に取り組んでいる 20 人のアーティストで構成される Les Vingt と呼ばれるグループの芸術的取り組みを説明するために使用されました。彼らのビジョンは、ウィリアム モリスが主導したアーツ アンド クラフツ運動と美的運動の両方からインスピレーションを受けました。 Les Vingt のメンバーは、産業革命によってもたらされた低品質の製品の大量生産と、ビクトリア朝時代に蔓延した乱雑で重いデザインに対して激しく闘いました。

代わりに、彼らは日常の物品、建築、デザインに美学と機能性を組み込むことを提唱しました。ウィリアム モリスの感情を反映して、彼らは装飾はそれらのオブジェクトを使用する人々とそれを作成する人々に喜びをもたらすべきであると信じていました。

アール ヌーヴォーは、芸術的な影響においてポスト印象派や象徴主義と密接に絡み合っていることがわかりました。さらに、1880 年代から 1890 年代にかけてヨーロッパの芸術家たちが日本美術、特に北斎のような芸術家による木版画に魅了されるようになったことが大きな影響を与えました。これらのプリントには、後に芸術運動の中心的な要素となる花のモチーフや有機的な曲線がよく使われていました。

さらに、「総合芸術作品」という概念を取り入れ、多様な芸術分野のバランスのとれた融合を目指しました。この運動は、美術、グラフィック、デザイン、建築、家具、インテリア、ガラス工芸、ジュエリーなど、さまざまな分野で統一的なデザインを表現しました。曲がりくねった曲線、洗練されたスチールとガラスの職人技、金色のアクセント、有機的なパターンによって描写されるアール ヌーボーは、影響を受けた各地域に独特の魅力をもたらしました。たとえば、建築においては、構造化された合理性と明快さという従来の考え方からの解放として、この傾向が現れました。ブリュッセルで生まれ、後にヨーロッパ全土に広がり、特にパリで繁栄し、ジョルジュ・ウジェーヌ・オスマンが定めた厳格な建築規制にリズミカルで表現力豊かな選択肢を提供しました。このスタイルでは、視覚的に絶妙なデザインを作成するために、曲がりくねったラインと複雑な二次元または彫刻の装飾が導入されました。ガラス芸術について言えば、これもこの運動の最も素晴らしい表現の 1 つになりました。

もう 1 人の著名な芸術家は、魅力的な商業ポスターや広告で広く知られるようになったチェコの芸術家、アルフォンス ミュシャです。彼は同時代の権限を与えられた女性を描いており、彼の最も有名な作品の 1 つであるポスター「ジスモンダ」(1894 年) は、ヴィクトリアン サルドゥの同名の演劇のためにデザインされました。この作品は後にアール・ヌーヴォー運動の象徴的な表現となり、ミュシャに続く無数の芸術家に永遠の影響を残しました。

第一次世界大戦中、アール・ヌーヴォーの遺産は、過剰な装飾と豪華さが感じられたため、厳しい監視の対象となりました。その作品には複雑な職人技が必要とされるため、やや排他的であり、幅広い視聴者がアクセスできないものとなっていました。そのため、この運動は戦後までは続きませんでしたが、アールデコ、モダニズム、バウハウスの特定の要素など、その後の芸術運動に影響を与え、永続的な影響を残しました。その視覚的言語は、歴史の中で短いながらも注目に値する時代をマークし、その美しさの余韻は今でも世界中の都市で見つけることができます。 1890 年から 1930 年にかけてエクトル ギマールによってアール ヌーボー様式で設計されたオリジナルの地下鉄駅の入口を通って、この印象的な遺産を目にするには、パリに旅行するだけで十分です。

美術
538 読み取り
2023年9月15日
ニュースレターに参加する
最新のアップデートを受信トレイに直接受け取ります。
無料で、いつでも登録を解除できます
関連記事
読んでくれてありがとう
Superbe Magazine

無料のアカウントを作成するか、
ログインして読み続けてください。

続行すると、利用規約に同意し、プライバシーポリシーに同意したことになります。